信用できそうな情報を厳選して、入念な下調べするしか詐欺を回避する方法はありません。

MENU

詐欺に遭う可能性は

 

詐欺に遭う可能性について

クレジットカード現金化はサービス自体がグレーゾーンで詐欺業者も多数参入しています。

 

業者選びを慎重に行わないと詐欺被害のリスクが高いので注意しましょう。

 

適切な対応をしている優良業者も多数ありますが、悪徳業者との見極めが難しいのも現金化サービスの問題点です。

 

 

詐欺の種類

 

  • カード決済をしたけど現金が振り込まれない
  • カード番号など個人情報を聞き出して悪用される
  • 店頭表示の換金率より大幅に低い実質換金率を徴収される
  • ほかの詐欺のターゲットにされる

 

一番懸念しないといけないのが現金化されないことです。

 

カード決済をしたけど事前に説明のあった現金が振り込まれない場合、ほとんどのケースで業者はすぐに逃げて音信普通になってしまいます。

 

さらに購入した商品が届くとショッピングの取引が成立するため、加害者の罪を問うことが難しく、キャンペーンは終了したなど言い訳の余地も残ってしまいます。

 

このようなあからさまな詐欺会社は、サイトオープンと閉鎖を繰り返しているので、運営実績が長い業者を選べば回避できます

 

ただし、詐欺業者は新規参入したばかりでも10年の実績とか、外部の口コミサイトに賄賂を渡して時系列が古い口コミ投稿を入れてもらうなどして、運営実績を偽造しているため見極めにくいデメリットがあります。

 

通常のクレジットカード現金化では、業者がカード番号を聞き出すことはなく申込フォームや電話で聞き出そうとする場合は詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

 

また、現金化を利用する方はお金に困っているため、甘い話に弱い特性があります。

 

詐欺業者は現金化以外の詐欺のターゲットにしたり、ほかの詐欺会社に個人情報を売られることもあるので注意しましょう。

 

クレジットカード現金化でよくあるのが、店頭表示の換金率よりも、実際に利用すると実質換金位率が大幅に下がってしまうことです。

 

換金率は高くても、色々と理由をつけて手数料を徴収して手元に残るお金が少なくなってしまいます。

 

現金化を利用するお客は切羽詰っている方が多く、問い合わせをして思っていた話と違っても、時間の猶予がなく冷静に考えずに契約してしまう方が多いです。

 

 

詐欺を回避する方法

 

外部のランキングや口コミサイトの情報もあまりアテにならず友人・知人の紹介でも実はスペックが低い悪質業者ということに気付かない状態で紹介されているケースもあります

 

詐欺を回避するには、ネットから評判や口コミをひとつのサイトではなく、複数のサイトから比較して検証するしかありません

 

それでも、業者によっては外部サイトに手数料や広告料を払って優良業者として紹介してもらったり、外部のランキングサイトは、手数料をもらえる業者を高評価、手数料をもらえない業者は低評価といった紹介をしていることもあるので見極めが難しいです。

 

本当に高い交換率で提供している優良業者は利幅が少なく、広告費にお金をかけられないので、ネットの評判があまりよくないといったケースもあります。

 

最終的には信用できそうな情報を厳選して、入念な下調べするしか詐欺を回避する方法はありません。
やはりクレジットカード現金化は使わないことが一番の安全策になります。