返済能力がないのに無理な借入をすると、資金がショートさせやすいからです。

MENU

何故禁止されているのか

 

クレジットカード現金化が禁止されている理由

 

クレジットカードはショッピングや支払いなど実態のあるサービスに対しての支払いをサポートするもので貸付ではありません。

 

分割払いやリボ払いについては、ローン購入のような役割を持っています。

 

貸金業を行う場合は、国に届出を行い、年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないなど、貸金業法に則ったサービスを提供しないといけません

 

クレジットカード会社は、キャッシングも行っているので貸金業も行えるのですが、ショッピング枠の利用は貸金業法の対象外になります。

 

そのため、年収に対してショッピング枠は高額条件でのカード発行がしやすくなっています。

 

カード利用者がショッピング枠を資金調達目的で使うことは、貸金業法や出資法の違反になり、それをカード会社が容認したとなると、カード会社側も法律違反で罰せられるリスクが出てきます

 

法律違反とはならない

 

また、カード会社もショッピング枠を資金調達目的で利用されると貸し倒れのリスクが大きくなるため、各カード会社は規則にショッピング枠の現金化禁止を明記して、独自に取締を行っています

 

 

実際のところ、貸し倒れが多い

 

クレジットカード現金化を利用する方の多くは、消費者金融や銀行の借入審査に通らない方です。

 

正規の貸金業者や銀行からお金を借りられない方が、クレジットカード現金化を使って資金調達すれば、当然払えなくなってしまう方が多数出てきます

 

クレジットカード現金化をしてはいけないと言われているのは、返済能力がないのに無理な借入をすると、資金がショートさせやすいからです。

 

また、クレジットカードは担保、保証人不要で利用できるので、ショッピング枠で決済した代金の弁済が滞り、回収不能と判断されるとカード会社が費用を負担するしか方法がなくなってしまいます

 

カード会社も資金調達で利用されると貸し倒れが起こりやすいことを理解していて、ショッピング枠よりもキャッシング枠は低く設定しています。

 

現金化目的でもしっかり弁済してくれればカード会社は利益が上がるのですが、貸し倒れになる割合が高く、全体で見ると損失が発生する可能性の方が高いため、ショッピング枠の不正利用にはシビアな対応を行っています

 

何よりも、ショッピング枠で資金調達する行為を黙認するのは、世間体が悪くカード会社のブランドイメージを傷つけることにもなるため、万一不正が発覚すると、即利用停止などシビアな措置を取られることが多いです。