クレジットカード現金化の認知度が上がったことで、トラブル事例が増えています。

MENU

業者を利用しなければならないか?

 

クレジットカード現金化をするには以下の方法があります。

 

  • 専門業者を利用する
  • チケットショップや質屋を利用して、カード決済で購入→即現金買取してもらう
  • メルカリやヤフオクなどカード決済可能な個人売買サービスを利用する

 

一時期はメルカリで現金の出品が相次いでニュースになったこともあります。

 

現在はメルカリやヤフオクなど大手個人売買やフリマサービスは、現金およびクレジットカード現金化を目的にした出品を禁止しています。

 

つまり、実質は専門業者を利用するか、独自にカード決済、現金売却を利用する二択になります。

 

 

現金化といった不正行為が世間で広く認知されてきた

 

メルカリ事件を皮切りに、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えようとする人がいることが世間で広く認識されるようになりました。

 

またニュースでも違法性を訴える報道が多く、モラル面も含めて問題行為として認識している方が増えています

 

世間の認知度が上がったことで次のトラブル事例が増えてきます。

 

  1. チケットショップや質屋でカード決済で購入し、即買取してもらう
  2. スタッフはその場では応じるが、現金化目的の懸念が怪しいと感じてカード会社に相談する
  3. カード会社が調査を行い、購入→即売却の現金化目的と判断し規約違反でペナルティーを科す

 

クレジットカード現金化がバレる事例で多いのが、決済や買取をした業者からのタレコミです。

 

対応してくれたスタッフは了承してくれても、後日管理者が指摘をしてカード会社や警察に報告する事例もあるので注意しましょう。

 

信頼できる友人や知人が買おうとしているものを、変わりにカード決済で購入し代金を現金で受け取る分にはリスクが少ないです。

 

それでも個人間のやり取りは人間関係のトラブル時に弱みにされたり、嫌がらせでタレコミを入れられるケースもあるので注意しましょう。

 

注意を促す男性

法律で罰せられるケースは確かな証拠が必要ですが、クレジットカード会社の規約違反は強い疑いがあると判断されるだけで罰せられるケースもあります

 

カード会社にバレないでトラブルリスクを回避するという面では、長年現金化に特化したサービスを行ってきたノウハウ豊富な業者を利用した方が安心です。

 

ただし、業者を利用すれば必ず安全というわけではなく、流行に乗ってノウハウもない中で新規参入した業者や、法外に高い手数料を徴収している詐欺会社もあるので注意しましょう。